中古せどりの始め方 下準備

中古せどりの歩き方

ポチッと応援してくださると励みになります♪


せどりランキング

 

中古せどりの下準備

 

私は最初せどりを始めたときは何も考えずスマホ片手にスタートしましたが、準備をするに越したことはありません。

 

せどりとは商品を仕入れて販売することですので、まずは仕入れ出来る状態、販売できる状態を整えていきます。

 

 

 

 

 

クレジットカードを作る

 

クレジットカードに関してはすでに持っている方が大半だと思いますので飛ばしてもらっても大丈夫です。

 

仕入れ出来るお金が手元に10万円あっても全て使ってしまっては商品が売れるまでは仕入れ出来ない状態になってしまいます。

なのでクレジットカードを作れば支払いを1か月先送り出来ます。

その間に商品を販売することで、最初の資金以上の仕入れをすることが可能になります。

 

ちなみに一般の会社でも仕入れ先に翌月払い、翌々月払いなどの契約を結んでいることが多いです。

 

 

仕入れ先を探す

 

まずは仕入れ先の選定から始まります。

ホームセンターや家電量販店などでも仕入れ出来ますが、どうしても仕入れ金額が高く、利益が低くなります。

副業で始めようとして1万円、2万円の高額商品を仕入れるのは気が引けますし、仕入れ資金が続かない恐れがあります。

 

リサイクルショップなら100円~1000円の商品が多いので、低資金で高利益商品を見つけることができます。

 

ですので優先順位は

1.リサイクルショップ

2.セール中の家電量販店、ホームセンター

となってきます。

 

私も最初は家電量販店で新品せどりをしていましたが、仕入れ金額が高いのと1万円仕入れても1000~1500円の利益に落ち着くことが多いので、利益が出ないことからリサイクルショップでの中古せどりに切り替えました。

中古せどりだと1万円仕入れ1万円以上の利益が可能ですので、中古せどりをおすすめします。

 

スマホにアマコードやせどりすとなどのバーコード読み取りツールアプリをインストールする

 

利益商品を見つけるためのツールをスマホにインストールします。

一般的にはアマコードやせどりすとが有名です。

 

無料なので、一度使ってみて自分に合っている方を使うっていうのが一番じゃないかなと思います。

ちなみに私は両方使った結果、アマコードのみを使用しています。

 

どちらのツールを使ってもモノレートというアマゾンで売れた履歴やランキングが見れるサイトを利用することになります。使いながら慣れていくことが一番だと思いますが、過去にモノレートの見方について記事にしていますのでご覧ください。

 

これだけは見ておこう! モノレートの見方・使い方

中古せどりのお悩み解決♪ 仕入れ商品が売れない!?

 

 

 

アマゾンセラーセントラルの大口登録(月額税別4,900円)を済まして出品できる状態にする

 

利益の出る商品を仕入れることが出来たら、販売できる場所を作らないといけません。

 

なぜヤフオクやメルカリではなく月額4900円も掛かるアマゾンで販売するのかというと、アマゾンの方が高く売れて楽に出品できるという点です。

 

同じ商品でも、ヤフオクやメルカリよりもアマゾンで販売する方が高く売れることがほとんど、というかほぼ全てです。

 

そしてヤフオクなどは売れると自分で購入者とやり取りをして住所に発送しなければいけませんが、アマゾンなら商品を全てアマゾンの倉庫に発送し、そこから商品が売れればアマゾンが購入者と連絡や発送を行ってくれますので非常に楽になります。

 

仕入れができるようになれば月に100個以上出品して、1日に5個以上売れる日もあるので、それら全てを売れるたびに各購入者に発送するのは相当な労働となりますので、アマゾンで大口登録しましょう。

ちなみにクレジットカードでの清算が可能です。

 

・出品、配送用品を揃える

中古せどりでは出品作業時に商品のクリーニング、動作確認は必須です。

と言っても時間をかけすぎると負担が大きくなるので、中古と分かっていて購入される商品ということを頭に入れておき、クリーニングに没頭しすぎないようにしましょう。

 

しかしクリーニングは、購入者が不快に思わない様にほこりやテープの粘着などは全て取り除きましょう。

 

道具は全てホームセンターでそろえることができます。

 

クリーニング

  • テープはがし(スプレータイプ)
  • 雑巾やティッシュ
  • 綿棒
  • ドライヤー(テープはがしに使える)

 

出品作業

  • ドライバーなどの工具(動作確認時、電池のフタを外す)
  • 電池(動作確認用、100均)
  • スマホ(出品登録、写真撮影)
  • 写真撮影用の白い背景(カーペット、カーテン、画用紙など)

 

商品梱包

  • 透明テープ、透明袋(半透明より透明の方が印象が良い)
  • セロハンテープ
  • ハサミ
  • ラベルシール(キレイにはがせるタイプ)
  • プリンター(ラベル作成に必須※なければコンビニでプリントする)
  • プチプチ
  • ストレッチフィルム

FBA倉庫搬入

  • 段ボール(140サイズがオススメ)
  • ガムテープ
  • 緩衝材

 

最初にこのくらいの用意が必要です。

ドライヤー、工具、プリンターが自宅にあれば他はホームセンターで3000~5000円くらいで揃います。

 

 

まとめ

 

以上で下準備は終了です。

 

アマゾンFBA大口登録料や備品代を合計しても1万円ほどで準備が整います。

 

最低限これだけは必要になってきますので、中古せどりを始める時に用意しておいた方がいいです。

 

私は最初行き当たりばったりの仕入れや出品作業を繰り返していたので、何かするたびに

プチプチが無いから明日買ってこよう!

ストレッチフィルムがあったら便利だから買ってこよう!

 

って感じで作業が全然進まず、せっかく仕入れ出来ても、出品出来るまで1週間ほどかかっていました。

仕入れたらすぐに出品して、1日でも早く売ることが大事ですので予め必要なものをそろえることが大事です。

 

 

ラインで相談お聞きします。

ご登録の特典で無料電話相談プレゼント中♪

登録者のみのマル秘情報定期配信!!

友だち追加

最後までお読みいただきありがとうございます。

ポチッと応援してくださると励みになります♪


せどりランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました